メッセージ(消息)の送信 - 微信企業アカウントAPI

APIを使って、企業号の特定アプリの構成人員に、メッセージを送ります。

ドキュメントはこのあたりですね。


まずは 120分有効な、アクセストークンを取得します。

アクセストークンの取得方法は、下記の記事より


こんな感じで、トークンがJSONで取得できます。

メッセージの送信には、1日あたりの上限もあるようです。

こんな感じで、POSTします。ここで、トークンを使います。

JSONで渡す構造です。必須=否は、省略可能ですね。

touser に、IDを1000個まで並べられる様ですが、めんどくさいので、@all でいきます。

これを、POSTすると、、はい。成功。

スマホ側のWechatクライアントではこんな感じで表示されます。

業務システムの、タスク管理が、期限間近になったときに、微信にメッセージで通知する。という様な活用ができそうですね。

企業号のアプリの作り方等も、少しずつ、記事にしていきますね。

中国の最新事情お伝えします! - WeChat diary from China -

中国の今を知ることができるサイトです。。 中国の最新事情を発信しています。 IT系、最新の流行など。 WeCaht(微信 ウィーチャット)の情報も発信しています。 実際に今北京市に住んでいる日本人が発信しています。 出張で少し見ただけの他のブログとは違い、最新で且つ真実を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000