企業微信、さっそく申請してみた(企業版WeChat)


先日テンセントが企業版微信(企業版WeChat)を正式にリリースしました!

(中国名:企业微信)


微信(WeChat)には、かれこれ5年ほどお世話になってますし、微信を研究しているので、

早速申請をしてみました。


(ちなみに中国に現地法人があること、中国人責任者の協力が無いと申請が出来ませんのでご注意ください。)



①企业微信のHPがあるので、HPから申請をします。


②今回は新規登録なので、赤枠をクリックします。

 (テンセントメール、"微信企业号"を持っている方は青色の部分をクリックしてください。)

③赤枠の中を入力し、次へ進みます。

(営業許可証の画像が必要です。)

④企业微信(企業微信)の管理者になる方は、QRコードをスキャンしてください。

⑤管理者の方の情報を入力します。(中国の身分証が必要になるので、日本人は申請出来ません。

⑥登録申請が完了しました。登録が完了したら、登録メールアドレスにテンセントからお知らせが来ます。

⑦テンセントからのメールです。灰色の部分は、管理者の名前、登録企業名が記載されています。メールを回付して、企業登録(企业登録)をクリックします。

QRコードをスキャンすると、スマホAPPのダウンロード画面に遷移します。

⑧完了です。

下記はブラウザで開いた時の企业微信用のポータル画面です。

緑色の部分には登録社名が表示されています。会社ロゴを添付することも可能です。

専用クライアントも用意されているので、自分のPCに合わせてDLしてください。

(各アイコンをクリックするとQRコードが表示されます)

ちなみに私はMacなので、WeChatの横に並べて使っています。


企業微信(企业微信)のUIですが、通常のWeChatとほぼ同じです。

特定のグループや企業内で使用することを想定しているので、システム管理者側で社員マスタに情報を追加しないと使用できません。(微信IDを持っているから使えるわけではない。)

スマホアプリをダウンロードされることお勧めします。

(こっちがメイン)


企業微信(企业微信)版の特徴としては、


①休憩中、退勤を知らせる機能

②チャットの予約配信処理(X日X時に予約配信できる)

③チャットの閲覧状況確認(既読確認)

④掲示板機能

⑤通話履歴確認(ネット使った電話 現在1000分の無料通話プレゼント中)

⑥休暇申請や交際費申請の各種申請(ワークフロー機能)

⑦タイムカード(GPSで位置情報を取得するので、どこから出退勤したかわかる)

⑧メール連携(但し、テンセントメール契約していること条件)

⑨红包機能(通常の微信のアカウントと連携している仕組み)

⑩システム管理者画面(新規ID追加、アクセス権限、申請データの集計など)

などなど。


テンセントすごいな...って感じですね。

中国進んでますよね.....


私もテスト含めて実際に使っていますが、「面白い...」です。

(何よりも中国人社員が喜んでいる! 红包あるからかな..笑)

(配信予約と既読確認機能は、嬉しい)

あと、厳格な通話料金の管理をされたい会社は、スマホのアプリから通話をすれば、業務時間中の通話履歴が全て管理されるので、重宝しそうですね。


通常版のWeChatを会社で既に使用している方は、企業版の微信に慣れるまで大変ですが、

使用ルールを明確化して、慣れてしまえば企业微信(企業微信)を活用した方が良さそうですね。(ワークフロー機能が付いているのは良いですね。)


アリババが既に钉钉というアプリをリリースしておりますが、とうとうテンセントも参入してきて、中国でのビジネス系アプリはますます盛り上がりそうですね!


企业微信(企業版WeChat)の各種機能については、次回詳しくご説明致します!!



是非自社でも"企业微信(企業版WeChat)"を使ってみたい!そんな方は、お気軽にご相談ください。

中国でのグループウェア導入のポイントも交えながら、わかりやすくご説明致します。

*********************************************************

TENSIN NETWORK (テンシンネットワーク)

仙霞路317号遠東国際広場B座801室

宮崎 将典(MIYAZAKI MASANORI)

TEL : 18616375463

email : miyazkai@tensin.com.cn

WeChat ID : ma3anori_miyazaki

*********************************************************

中国の最新事情お伝えします! - WeChat diary from China -

中国の今を知ることができるサイトです。。 中国の最新事情を発信しています。 IT系、最新の流行など。 WeCaht(微信 ウィーチャット)の情報も発信しています。 実際に今北京市に住んでいる日本人が発信しています。 出張で少し見ただけの他のブログとは違い、最新で且つ真実を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000