WeChat Pay(微信支付)を登録してみよう!


中国ではお店のレジ辺り、店舗入り口には、ほぼこの目印が付いています。

財布を出さなくても、スマホを使って、WeChatで決済できるんですね。


レストラン、カフェ、スーパー、テイクアウト専門店、航空券、ホテルの予約から、公共料金の支払いまで(一部地域除く)、どこへ行ってもスマホで決済できるんですよ。


また割り勘しても、メンバーにすぐお金を送れるのも便利ですね。




中国にいらっしゃる日本人の方も、WeChat Pay(微信支付)を使っていない方がいるので、

簡単にご紹介します。(WeChatをダウンロードしている事が条件です)


ー今回は中国国内の銀行(一部除く)口座を所有している方で、中国国内で携帯電話を利用している方対象ですー



ウォレットをクリックします。

ウォレットをクリクします。

カードの追加をクリックします。


支払パスワードを6桁入力します。

ご自身の名前が表示されいるかと思います。(アルファベット)。銀行口座番号を入れます。

(もし名前が表示されていなかったら、大文字英字で手入力してください。)

登録番号が正しい場合は、自動的に銀行名が登録されます。

銀行口座開設時に登録した、電話番号を登録してください。

銀行口座開設時に登録した携帯番号にSMSが届きます。

銀行口座を紐付けできました。これで微信支付(WeChat Pay)完了です。



これで店舗での会計支払も可能になりますし、EC決済、出前、航空券のチケット手配も容易になります。

私が感じている、もっと便利なの事は、弟弟打车(配車アプリ)を利用して支払がWeChat Payで出来る事ですね。

おそらくタクシーに乗ることが減りますよー(こっちの方が安いし、GPSで特定の場所まで言ってくれる。あと、車内が清潔かな。運転手さんとの会話も面白。)


WeChat Pay、世界が広がりますね!!


中国の銀行口座を持っていない方は、クレジットカードでも登録が可能です。

やり方は同じですが、手順は次回お伝えします。

中国の最新事情お伝えします! - WeChat diary from China -

中国の今を知ることができるサイトです。。 中国の最新事情を発信しています。 IT系、最新の流行など。 WeCaht(微信 ウィーチャット)の情報も発信しています。 実際に今北京市に住んでいる日本人が発信しています。 出張で少し見ただけの他のブログとは違い、最新で且つ真実を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000